MovableType

提供: KZK memo wiki
2014年1月25日 (土) 21:27時点におけるNiibori (トーク | 投稿記録)による版

移動: 案内検索

MovableTypeのインストールについてメモ

開発者用ライセンス

利用用途は限られるが、勉強や検証用に利用できるライセンスが用意されていたのでこちらを利用して、最新版のMovableTypeを入手する。現在の最新版は6.0.1。

手順

  1. Googleで『MovableType 開発者ライセンス』を検索して、開発者登録を行う。
    1. 氏名とメールアドレスを登録すると、受付完了メールとライセンスキーが発行される。
  2. ライセンスキーを利用する為には、ユーザ登録を行う必要があり手続き完了後にライセンスキーを入力することにより最新版のMovableTypeがダウンロード可能になる。
    1. 今回はMovableType6.0.1が入手できた。

サーバの準備

所有しているサーバにMovableTypeの稼働環境を用意する。自分の構築を元にメモを作成しているため他の環境では上手く出来ないかもしれないので注意。

動作環境

  • Debian 7.1
  • Apache 2.4.6

Apacheの設定

今回は既存のサーバにVirtualHostを設定し環境構築を行う。 まずはじめにドキュメントルートとなるディレクトリを用意する。

  • ユーザのホームディレクトリ以下 ~/workspace/mt_web に作成した。
    • 以下、このディレクトリを [DOCUMENTROOT] と表記する。

このディレクトリをVirtualHostのドキュメントルートとして設定する。

  • ApacheのVirtualHostの設定ファイルを開き設定を行う。
    • CGIを扱うため AddHander cgi-script .cgi .plOptions +ExecCGI(設定中ではOptions All) を設定する。
<VirtualHost *:80>
    ServerAdmin web@example.com
    DocumentRoot [DOCUMENTROOT]/
    ServerName mt_web.example.com
 
    <Directory [DOCUMENTROOT]>
        Options All           ## +ExecCGI が有効で無ければCGIが利用できない。
        AddHandler cgi-script .cgi .pl
        AllowOverride All
        Require all granted
    </Directory>
 
    ErrorLog "logs/mt_web.example.com-error_log"
    CustomLog "logs/mt_web.example.com-access_log" common
</VirtualHost>

MovableTypeを設置する

入手したMovableTypeをサーバに設置する。 ダウンロード時はzip形式やtar.gz形式。そのファイルをサーバに転送する。 転送にはFTPやSCPを利用する。

今回のファイル名はMT-6.0.1.tar.gz

  • ドキュメントルートにファイルを設置し、ファイルを展開する。
    • tar zxvf MT-6.0.1.tar.gz
      • ファイルが展開されMT-6.0.1というディレクトリが作成される。
  • 作成されたディレクトリMT-6.0.1mtに変更する。
    • mv MT-6.0.1 mt
  • MT-6.0.1.tar.gz を削除する。

MovableType関連


blog comments powered by Disqus