「MovableType」の版間の差分

提供: KZK memo wiki
移動: 案内検索
(Perlモジュールのインストール)
 
(1人の利用者による、間の6版が非表示)
61行: 61行:
  
 
*ドキュメントルートにファイルを設置し、ファイルを展開する。
 
*ドキュメントルートにファイルを設置し、ファイルを展開する。
** tar zxvf MT-6.0.1.tar.gz
+
** <syntaxhighlight lang="bash">tar zxvf MT-6.0.1.tar.gz</syntaxhighlight >
 
*** ファイルが展開され''MT-6.0.1''というディレクトリが作成される。
 
*** ファイルが展開され''MT-6.0.1''というディレクトリが作成される。
 
* 作成されたディレクトリ''MT-6.0.1''を''mt''に変更する。
 
* 作成されたディレクトリ''MT-6.0.1''を''mt''に変更する。
** mv MT-6.0.1 mt
+
** <syntaxhighlight lang="bash">mv MT-6.0.1 mt</syntaxhighlight>
 
* MT-6.0.1.tar.gz を削除する。
 
* MT-6.0.1.tar.gz を削除する。
 +
 +
===権限の設定===
 +
 +
インストールを行うと、いくつかのディレクトリにファイルが生成されるためディレクトリが書き込める状態である必要がある。
 +
 +
# 書き込み権限設定する
 +
#* mtディレクトリ
 +
#** <syntaxhighlight lang="bash">chmod a+w mt</syntaxhighlight>
 +
#* mt/mt-static/support ディレクトリ
 +
#** <syntaxhighlight lang="bash">chmod -R a+w mt/mt-static/support</syntaxhighlight>
 +
 +
==Perlモジュールのインストール==
 +
 +
MTに必要な環境が整っているかチェックするために、mt/mt-check.cgiがある。
 +
ブラウザよりアクセスすることで、現在の環境を確認することが出来る。
 +
また、mt/readme.htmlにも必要なモジュールが記載されているので確認する。
 +
 +
必須と書かれているモジュールは以下の通り。
 +
 +
* DBI
 +
** 既に入っていた
 +
* Image::Size
 +
* CGI::Cookie
 +
** 既に入っていた
 +
* DBD::mysql
 +
** 今回はデータベースとしてMySQLを利用する為''DBD::mysql''を利用する。
 +
 +
PerlモジュールはCPANを利用してインストールする。
 +
手順は以下に示すとおり。CPANを初めて利用する際には''perl -MCPAN -e shell'' を実行する必要があるらしい。
 +
 +
<syntaxhighlight lang="bash">
 +
perl -MCPAN -e shell
 +
>
 +
>CPAN.pm requires configuration, but most of it can be done automatically.
 +
>If you answer 'no' below, you will enter an interactive dialog for each
 +
>configuration option instead.
 +
>
 +
>Would you like to configure as much as possible automatically? [yes]
 +
>
 +
>Autoconfigured everything but 'urllist'.
 +
>
 +
>Now you need to choose your CPAN mirror sites.  You can let me
 +
>pick mirrors for you, you can select them from a list or you
 +
>can enter them by hand.
 +
>
 +
>Would you like me to automatically choose some CPAN mirror
 +
>sites for you? (This means connecting to the Internet) [yes]
 +
>Trying to fetch a mirror list from the Internet
 +
>Fetching with HTTP::Tiny:
 +
>http://www.perl.org/CPAN/MIRRORED.BY
 +
>
 +
>Looking for CPAN mirrors near you (please be patient)
 +
>............................... done!
 +
>
 +
>New urllist
 +
>  http://cpan.llarian.net/
 +
>  http://mirror.uoregon.edu/CPAN/
 +
>  http://ftp.wayne.edu/CPAN/
 +
>
 +
>Autoconfiguration complete.
 +
>
 +
>commit: wrote '/root/.cpan/CPAN/MyConfig.pm'
 +
>
 +
>You can re-run configuration any time with 'o conf init' in the CPAN shell
 +
>Terminal does not support AddHistory.
 +
>
 +
>cpan shell -- CPAN exploration and modules installation (v1.960001)
 +
>Enter 'h' for help.
 +
>
 +
 +
cpan[1]> exit
 +
>Terminal does not support GetHistory.
 +
>Lockfile removed.
 +
 +
</syntaxhighlight>
 +
 +
<syntaxhighlight lang="bash">
 +
cpan
 +
cpan[1]> install Image::Size
 +
cpan[2]> install DBD::mysql
 +
 +
</syntaxhighlight>
 +
 +
その他にImageMagickやGDと言うもの必要になるようなので、これらもインストール。
 +
 +
ただし、CPANでインストールしても認識してくれなかった。
 +
aptitude を利用してインストールした。
 +
 +
<syntaxhighlight lang="bash">
 +
aptitude install imagemagick
 +
aptitude install perlmagick
 +
</syntaxhighlight>
 +
 +
==Databaseを作成する(MYSQL)==
 +
 +
データベースとしてMySQLを利用する。MySQLは既にインストールされているとして、今回はMovableType用にデータベースを作成するだけ。
 +
 +
<syntaxhighlight lang="bash">
 +
mysql -u root -p
 +
mysql> CREATE DATABASE movabletype_db
 +
mysql> quit
 +
</syntaxhighlight>
 +
 +
作成したデータベース名は、MTのインストール時に聞かれるためメモしておく。
 +
 +
==MovableTypeのインストール==
 +
 +
MovableTypeのインストールはブラウザからウィザード形式で進める。
 +
http://mt_web.example.com/mt へアクセスする。
 +
'''Movable Typeにサインイン''' ボタンがあるので押すとウィザードが始まる。
 +
 +
===言語設定===
 +
 +
利用する言語を設定する。
 +
 +
[[ファイル:Wizard_language.PNG|300px|frame|none|利用する言語を設定する]]
 +
 +
===システムチェック===
 +
 +
動作可能な環境かどうかのチェックが実施される。
 +
 +
[[ファイル:Wizard_syscheck.PNG|300px|frame|none|システムチェック]]
 +
 +
===データベースの設定===
 +
 +
MySQLに作成した、データベースへの接続情報を入力する
 +
 +
[[ファイル:Wizard_database.PNG|300px|frame|none|データベースの接続情報]]
 +
 +
===メール設定===
 +
 +
適当に
 +
 +
[[ファイル:Wizard_mail.PNG|300px|frame|none|メールアドレスを入力する]]
 +
 +
 +
===アカウントの作成===
 +
 +
適当に
 +
 +
[[ファイル:Wizard_create_user.PNG|300px|frame|none|初期のアカウント]]
 +
 +
===ウェブサイトの作成===
 +
 +
[DOCUMENTROOT]/mtに書き込み権限が無いとエラーが出てしまう。書き込み権限を与えておくこと!
 +
 +
[[ファイル:Wizard_create_website.PNG|300px|frame|none|初期のウェブサイト]]
 +
 +
===データベースの構築など必要な設定がセットアップされる===
 +
 +
[[ファイル:Wizard_installed.PNG|300px|frame|none|初期のウェブサイト]]
 +
  
 
[[MovableType関連]]
 
[[MovableType関連]]
 +
 +
 +
{{Comments}}

2014年1月26日 (日) 13:45時点における最新版

MovableTypeのインストールについてメモ

開発者用ライセンス

利用用途は限られるが、勉強や検証用に利用できるライセンスが用意されていたのでこちらを利用して、最新版のMovableTypeを入手する。現在の最新版は6.0.1。

手順

  1. Googleで『MovableType 開発者ライセンス』を検索して、開発者登録を行う。
    1. 氏名とメールアドレスを登録すると、受付完了メールとライセンスキーが発行される。
  2. ライセンスキーを利用する為には、ユーザ登録を行う必要があり手続き完了後にライセンスキーを入力することにより最新版のMovableTypeがダウンロード可能になる。
    1. 今回はMovableType6.0.1が入手できた。

サーバの準備

所有しているサーバにMovableTypeの稼働環境を用意する。自分の構築を元にメモを作成しているため他の環境では上手く出来ないかもしれないので注意。

動作環境

  • Debian 7.1
  • Apache 2.4.6

Apacheの設定

今回は既存のサーバにVirtualHostを設定し環境構築を行う。 まずはじめにドキュメントルートとなるディレクトリを用意する。

  • ユーザのホームディレクトリ以下 ~/workspace/mt_web に作成した。
    • 以下、このディレクトリを [DOCUMENTROOT] と表記する。

このディレクトリをVirtualHostのドキュメントルートとして設定する。

  • ApacheのVirtualHostの設定ファイルを開き設定を行う。
    • CGIを扱うため AddHander cgi-script .cgi .plOptions +ExecCGI(設定中ではOptions All) を設定する。
<VirtualHost *:80>
    ServerAdmin web@example.com
    DocumentRoot [DOCUMENTROOT]/
    ServerName mt_web.example.com
 
    <Directory [DOCUMENTROOT]>
        Options All           ## +ExecCGI が有効で無ければCGIが利用できない。
        AddHandler cgi-script .cgi .pl
        AllowOverride All
        Require all granted
    </Directory>
 
    ErrorLog "logs/mt_web.example.com-error_log"
    CustomLog "logs/mt_web.example.com-access_log" common
</VirtualHost>

MovableTypeを設置する

入手したMovableTypeをサーバに設置する。 ダウンロード時はzip形式やtar.gz形式。そのファイルをサーバに転送する。 転送にはFTPやSCPを利用する。

今回のファイル名はMT-6.0.1.tar.gz

  • ドキュメントルートにファイルを設置し、ファイルを展開する。
    • tar zxvf MT-6.0.1.tar.gz
      • ファイルが展開されMT-6.0.1というディレクトリが作成される。
  • 作成されたディレクトリMT-6.0.1mtに変更する。
    • mv MT-6.0.1 mt
  • MT-6.0.1.tar.gz を削除する。

権限の設定

インストールを行うと、いくつかのディレクトリにファイルが生成されるためディレクトリが書き込める状態である必要がある。

  1. 書き込み権限設定する
    • mtディレクトリ
      • chmod a+w mt
    • mt/mt-static/support ディレクトリ
      • chmod -R a+w mt/mt-static/support

Perlモジュールのインストール

MTに必要な環境が整っているかチェックするために、mt/mt-check.cgiがある。 ブラウザよりアクセスすることで、現在の環境を確認することが出来る。 また、mt/readme.htmlにも必要なモジュールが記載されているので確認する。

必須と書かれているモジュールは以下の通り。

  • DBI
    • 既に入っていた
  • Image::Size
  • CGI::Cookie
    • 既に入っていた
  • DBD::mysql
    • 今回はデータベースとしてMySQLを利用する為DBD::mysqlを利用する。

PerlモジュールはCPANを利用してインストールする。 手順は以下に示すとおり。CPANを初めて利用する際にはperl -MCPAN -e shell を実行する必要があるらしい。

perl -MCPAN -e shell
>
>CPAN.pm requires configuration, but most of it can be done automatically.
>If you answer 'no' below, you will enter an interactive dialog for each
>configuration option instead.
>
>Would you like to configure as much as possible automatically? [yes] 
>
>Autoconfigured everything but 'urllist'.
>
>Now you need to choose your CPAN mirror sites.  You can let me
>pick mirrors for you, you can select them from a list or you
>can enter them by hand.
>
>Would you like me to automatically choose some CPAN mirror
>sites for you? (This means connecting to the Internet) [yes] 
>Trying to fetch a mirror list from the Internet
>Fetching with HTTP::Tiny:
>http://www.perl.org/CPAN/MIRRORED.BY
>
>Looking for CPAN mirrors near you (please be patient)
>............................... done!
>
>New urllist
>  http://cpan.llarian.net/
>  http://mirror.uoregon.edu/CPAN/
>  http://ftp.wayne.edu/CPAN/
>
>Autoconfiguration complete.
>
>commit: wrote '/root/.cpan/CPAN/MyConfig.pm'
>
>You can re-run configuration any time with 'o conf init' in the CPAN shell
>Terminal does not support AddHistory.
>
>cpan shell -- CPAN exploration and modules installation (v1.960001)
>Enter 'h' for help.
>
 
cpan[1]> exit
>Terminal does not support GetHistory.
>Lockfile removed.
cpan
cpan[1]> install Image::Size
cpan[2]> install DBD::mysql

その他にImageMagickやGDと言うもの必要になるようなので、これらもインストール。

ただし、CPANでインストールしても認識してくれなかった。 aptitude を利用してインストールした。

aptitude install imagemagick
aptitude install perlmagick

Databaseを作成する(MYSQL)

データベースとしてMySQLを利用する。MySQLは既にインストールされているとして、今回はMovableType用にデータベースを作成するだけ。

mysql -u root -p
mysql> CREATE DATABASE movabletype_db
mysql> quit

作成したデータベース名は、MTのインストール時に聞かれるためメモしておく。

MovableTypeのインストール

MovableTypeのインストールはブラウザからウィザード形式で進める。 http://mt_web.example.com/mt へアクセスする。 Movable Typeにサインイン ボタンがあるので押すとウィザードが始まる。

言語設定

利用する言語を設定する。

利用する言語を設定する

システムチェック

動作可能な環境かどうかのチェックが実施される。

システムチェック

データベースの設定

MySQLに作成した、データベースへの接続情報を入力する

データベースの接続情報

メール設定

適当に

メールアドレスを入力する


アカウントの作成

適当に

初期のアカウント

ウェブサイトの作成

[DOCUMENTROOT]/mtに書き込み権限が無いとエラーが出てしまう。書き込み権限を与えておくこと!

初期のウェブサイト

データベースの構築など必要な設定がセットアップされる

初期のウェブサイト


MovableType関連



blog comments powered by Disqus