Fedora

提供: KZK memo wiki
移動: 案内検索

nmcliを使ってIP(v4)を設定する

通常は /etc/sysconfig.network-scripts/ifcfg-XXXX を編集するのだが、Fedora20ではIPは設定できたのだが、デフォルトゲートウェイの設定などが上手く出来なかったのでnmcliを利用することにした。 その作業をここにメモする。

前提

  • Fedora 20
    • デスクトップ環境はインストールしていない。
  • 設定する項目
    • IPAddress:192.168.137.102
      • PrefixLength:24
    • DefaultGateway:192.168.137.1

作業

接続の状態を確認する

nmcli connection show configured
 
# >名前       UUID                                  タイプ          タイムスタンプ-リアル
# >enpXXXX  UUUUUUUUU-UUUU  802-3-ethernet


接続を編集する

nmcli connection edit enpXXXX
 
# >===| nmcli インテラクティブ接続エディター |===
# >
# >既存の '802-3-ethernet' 接続を編集中: 'enp0s10f0'
# >
# >使用できるコマンドを表示するには 'help' または '?' を入力します。
# >プロパティ詳細を表示するには 'describe [<setting>.<prop>]' を入力します。
# >
# >次の設定を変更することができます: connection, 802-3-ethernet (ethernet), 802-1x, ipv4, ipv6

上記コマンドを実行すると、プロンプトがnmcliモードに切り替わる。

nmcli>
nmcli>help
 
# >------------------------------------------------------------------------------
# >---[ メインメニュー ]---
# >goto     [<setting> | <prop>]        :: 設定またはプロパティへ移動
# >remove   <setting>[.<prop>] | <prop> :: 設定の削除またはプロパティ値のリセット
# >set      [<setting>.<prop> <value>]  :: プロパティ値の設定
# >describe [<setting>.<prop>]          :: プロパティの詳細表示
# >print    [all]                       :: 接続の表示
# >verify   [all]                       :: 接続の確認
# >save                                 :: 接続の保存
# >back                                 :: 一つ上のレベルに移動 (戻る)
# >help/?   [<command>]                 :: このヘルプを表示
# >nmcli    <conf-option> <value>       :: nmcli 設定
# >quit                                 :: nmcli の終了
# >------------------------------------------------------------------------------


IPv4の設定を行うためには、次の通り設定モードへ進む。

nmcli>goto ipv4
 
# >変更できるのは次のプロパティになります: method, dns, dns-search, addresses, routes, ignore-auto-routes, ignore-auto-dns, dhcp-client-id, dhcp-send-hostname, dhcp-hostname, never-default, may-fail
nmcli ipv4>

設定へ進む毎にプロンプトの表示変わり、現在の設定モードが分かるようになっている。 describe コマンドを打つと設定項目を確認することが出来る。今回はIPアドレスの設定を確認したいので次の通りコマンドを実行した。

nmcli ipv4> describe
 
# >使用可能なプロパティ: method, dns, dns-search, addresses, routes, ignore-auto-routes, ignore-auto-dns, dhcp-client-id, dhcp-send-hostname, dhcp-hostname, never-default, may-fail
# >プロパティ名は? addresses
# >
# >=== [addresses] ===
# >[NM プロパティの詳細]
# >Array of IPv4 address structures.  Each IPv4 address structure is composed of 3 32-bit values; the first being the IPv4 address (network byte order), the second the prefix (1 - 32), and last the IPv4 gateway (network byte order). The gateway may be left as 0 if no gateway exists for that subnet.  For the 'auto' method, given IP addresses are appended to those returned by automatic configuration.  Addresses cannot be used with the 'shared', 'link-local', or 'disabled' methods as addressing is either automatic or disabled with these methods.
# >
# >[nmcli 固有の詳細]
# >次のような形式で IPv4 アドレスの一覧を入力してください。
# >  ip[/prefix] [gateway], ip[/prefix] [gateway],...
# >プレフィックスがないものはプレフィックス 32 とみなします。
# >
# >例: 192.168.1.5/24 192.168.1.1, 10.0.0.11/24

項目の設定へ進む。 項目を設定するには set コマンドを利用する。 設定方法はdescribeコマンドで確認したとおり、例: 192.168.1.5/24 192.168.1.1, 10.0.0.11/24に従う。

nmcli ipv4>set addresses 192.168.137.102/24 192.168.137.1

得に、応答は返ってこないがこれで仮設定が完了。 設定を保存する。

nmcli ipv4>back
nmcli>save

これで、設定が完了。

nmcliを終了するには quit コマンド。

nmcli>quit

以上で一連の操作が終わる。